コラーゲンとは その3

大まかに言うと、60兆個の細胞をつなぐ「細胞外マトリックス」の主成分である。前述の通り、我々の身体は60兆個という想像を絶する数の細胞によって構成されている。例えば、体重60kgの人であれば、1kg当たり約1兆個含まれており、これは1g当たり約10億個という計算となる。presence-of-a-triple-ring-form-plasmodium-vivax-trophozoite-on-the-right-and-a-young-growing-amoeboid-trophozoite-725x481このように、ミクロの世界において「身体の中のコラーゲン」が細胞の粒の一つ一つを繋ぎ上げて身体を形作っているのである。健康的なコラーゲンは体を形成しながら、美しさと気力をサポートする重要な役割を担っている。しかし、この重要な成分は25歳をピークに、年を重ねるごとに減少する。40歳では約2分の1、60歳で約3分の1ほどになると考えられているのだ。どのような人々にとっても、加齢という大きな障壁には太刀打ちできないものである。

ADD YOUR COMMENT