人間の形成にとって非常に重要な意味を持つのがコラーゲンだ。コラーゲンを作る材料が体内に揃っているがゆえに、なかには「たんぱく質からでもコラーゲンを作ることができるのでは?」と疑問に思う人もいるかもしれない。コラーゲンの元になる材料が体内に揃っているからと言って、コラーゲンができるわけではなく、やはり直接的にコラーゲンを摂取する必要がある。しかしながら、そのメカニズムの詳細については完全に解明されていないのが現状である。魚や煮汁を摂取する機会が減少し、肉食生活へと移行したことが重なり、コラーゲン単体での摂取が求められるようになった。もちろん、薬事法や食品衛生法などの問題を考慮しながら慎重に取り扱う必要がある。コラーゲンの特性を各自で調査したうえで、正しく摂取することが、美しく健康的な日常を過ごすための前提条件である。